はちみつの種類と見分け方!同じ「はちみつ」でも全然違うことを知っていますか?

はちみつの種類と特徴について

「はちみつ」と表記されていても、実は種類がありそれぞれ特徴があります。
特徴や見分け方について、紹介していきます。

 

はちみつの種類と特徴

はちみつには、大きく分けて以下の3つに分類されます。

  • 純粋はちみつ
  • 加糖はちみつ
  • 精製はちみつ

 

それぞれ、どんな特徴があり、どうやって見分けることができるのか解説していきます。

 

純粋はちみつ

純粋はちみつとは、天然のはちみつのことです。
はちみつ以外、何も混ざっていない、加工も精製もされていないはちみつです。

天然のはちみつそのものなので、はちみつの持つ効果を最大限に得ることができます。

市販で販売されている商品には、「純粋はちみつ」「Pureはちみつ」などと書かれているものが該当します。

純粋やPureなどをつけることは、はちみつ類の表示に関する公正競争規約」に基づいています。
これは、いわゆる業界のルールで、公正取引委員会、消費者庁に認定されたものです。

 

加糖はちみつ

加糖はちみつとは、天然のはちみつに糖分を加えたものです。

商品によりますが、異性化液糖その他の糖類という糖分が加わっています。

この異性化液糖はブドウ糖と果糖、あるいはブドウ糖と果糖の混ざったブドウ糖加糖液糖や果糖ブドウ糖液糖です。

その他の糖類とは、固体であると同時に、乳糖、麦芽糖、ブドウ糖、果糖を含むもののことを言います。

これらの糖分はたくさん含まれているわけでなく、天然のはちみつが60%以上含まれています。

純粋はちみつに比べて糖分が含まれているため、甘く食べやすい味になっています。

市販で販売されている商品には、加糖はちみつと表示されています。
こちらも「はちみつ類の表示に関する公正競争規約」の中で決まっている表示です。

 

精製はちみつ

ちなみに、「精製はちみつ」も同様に、この中で決まっている表示です。

精製はちみつは、その名の通り、精製したはちみつです。
本来であれば、時間をかけて水分を飛ばすことではちみつができますが、人工的に水分を飛ばしてしまう方法です。

はちみつを加熱することにより、水分を飛ばすことができますが、同時に栄養分や香り・色などが飛んでしまいます。

純粋はちみつと比べると、以下のような違いがあります。

  • 栄養成分が少ない
  • 色が異なる
  • 香りが少ない

 

精製はちみつには、天然のはちみつに含まれる、酵素、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、ポリフェノールなどがとても少ないです。

精製はちみつは、主に清涼飲料水の原料や医薬用として使われています。

 

「はちみつ」と表示されている商品は?

はちみつの見分け方

市販のはちみつには、容器に「はちみつ」と書かれている場合があります。

この「はちみつ」という表示ができるのは、「純粋はちみつ」だけではなく、「加糖はちみつ」「精製はちみつ」も表示することが許されています。

そのため、原材料を見て判断するしかありません。
糖分が入っているか、化学成分などが多く入っているかなどをチェックする必要があります。

純粋はちみつの場合は、基本的に「純粋はちみつ」「Pureはちみつ」などと表記されていることがほとんどです。

はちみつと表記されている場合は、「加糖はちみつ」または「精製はちみつ」であることが多いと、頭の片隅に覚えておくと便利です。

 

コメントを残す