はちみつの固まった場合の対処法!風味や栄養を劣化しないように要注意

はちみつが固まってしまった場合の対処方法は?

はちみつを放置しておくと、固まってしまうことはよくあることです。

その場合の正しい対処方法について紹介していきます。

 

はちみつが固まってしまう原因

そもそもはちみつが固まるのは、はちみつの中に含まれる花粉に糖分がくっついて、白い結晶のようになります。

それがたくさんあるので、はちみつは固まると白くなったように見えるのです。

食べてみるとザラザラした感触で、はちみつのとろみとは程遠いものになっています。

ザラザラのはちみつを好んで食べる人は少ないですよね。

以下のような条件が重なると、はちみつは固まりやすくなります。

  • 15~16℃以下
  • 長期保存
  • 保管場所の気温差が生じた

特に冬場は白くなりやすいので、管理して保存する必要があります。

 

はちみつが固まった場合は?

はちみつを正しく溶かす方法

固まったはちみつは風味や品質には問題はないので、溶かすことでいつも通り食べることができます。

そのはちみつを溶かす方法をいくつか紹介します。

 

質を落とさない方法

50~60℃で30分ほど湯煎にかけることで、ゆっくりと固まったはちみつを溶かす方法です。

特に栄養が詰まったマヌカハニーやジャラハニーの場合には、なるべくこの方法を行うようにしましょう。

この方法で徐々に溶かしていくことで、はちみつの風味や味・栄養の劣化を防ぐことができます。

ゆっくりかき混ぜながら温めると溶けやすくなります。

 

短時間でできる方法

電子レンジで使う分だけ温めて、はちみつを溶かす方法です。

使う分だけとるのは、固まっているため手間がかかってしまいます。

なるべく弱い力で長い時間レンジにかけた方が劣化しにくい傾向があります。

高温で加熱すると、風味や栄養価が劣るので注意しましょう。

電子レンジの構造上、熱のかかりかたにムラができるので、かき混ぜながら温めるといいです。

 

はちみつの正しい保存方法は?

はちみつは、水分が少ない上に糖分が非常に多いので、カビが繁殖しづらいのですが、安心してはいけません。

正しい保存方法を守れば、長期保存することができ、固まることもありません。

  • 冷暗所で保存する
  • 必ず未使用のスプーンですくう

直接日光が当たったり、気温が高くなるところは避けましょう。

使用済みのスプーンは不衛生で、また、はちみつに落ちてしまったパンくずからかびが発生しやすいと言われています。

はちみつを使うときは、使う分だけ取り出すか、スプーンの使用には注意しましょう。

はちみつの賞味期限は2~3年と言われていますが、正しい保存をすると、それ以上に経過しても美味しく食べることができます。

また、はちみつの保存用の容器などもあるので、できるだけ、専用の容器を使って保存するようにしましょう。

はちみつはとろとろした食感と、琥珀色の液体が特徴です。

それらを損なわないように、いつでもおいしくはちみつが食べられるように、正しい環境で保管することが大切です。

 

コメントを残す