アンチエイジングに適した食材「マヌカハニー」の効果について

マヌカハニーのアンチエイジング効果

マヌカハニーは、アンチエイジング効果するのに適した食材です。

美肌効果や病気を予防、老化を抑えるなどの効果について、ご紹介します。

 

マヌカハニーのアンチエイジング効果

高い美肌効果

マヌカハニーの美肌効果

マヌカハニーには、体の健康をもたらす成分が多く含まれています。

ポリフェノールもその成分の一つです。

ポリフェノールは、体の中で増えすぎた活性酸素を取り除くという効果があります。

美肌の敵である紫外線は、直接肌にダメージを加えるほか、多く浴びると活性酸素を増やします。

活性酸素の役割は、もとは体内の病原菌から体を守るための殺菌作用です。

しかし、増えすぎた活性酸素は、体内の細胞を傷つけてしまいます。

そのため、老化が進み、お肌のしみ、しわなどの原因となるのです。

マヌカハニーのポリフェノールは、この紫外線の影響から増えすぎた活性酸素を取り除く作用があります。

そのため、きれいな肌へにする効果があらわれます。

この他にも、マヌカハニーには、お肌にうれしい多くの作用があり、高い美肌効果があることがわかっています。

  • うるおい効果で肌をもっちりと
  • 抗菌効果で肌トラブルを改善
  • 多くのアミノ酸で、しわやたるみの予防に効果的

 

老化を抑える

活性酸素は、紫外線のほか、喫煙、アルコールの過剰摂取、ストレスなどの影響から、必要以上に発生していまいます。

発生した過剰なまでの活性酸素は、体内の細胞を傷つけてしまいます。

この状態がしばらく続くと、体全体の老化を早めてしまいます。

しかし、マヌカハニーのポリフェノールは、過剰な活性酸素を取り除く働きがあります。

正常な状態に戻すお手伝いをして、老化を予防していきます。

 

病気を予防する

マヌカハニーは病気を予防できる

マヌカハニーは、動脈硬化、脳血栓、心筋梗塞の予防に役立ちます。

動脈硬化などの原因の一つとして、血管内の多量のコレステロールや中性脂肪の存在に、活性酸素により作られた過酸化脂質が加わることです。

マヌカハニーのポリフェノールは、この過酸化脂質を作る活性酸素を減らす働きをします。

この他にもポリフェノールは、身体に様々な影響を与えます。

  • 血流をよくする
  • アレルギーを抑える
  • 毛細血管を強くする

 

 

おすすめの使い方

直接食べる

ティースプーン半分くらいの量を、食前に食べる習慣をつけましょう。

マヌカハニーは胃の粘膜を助け、ビフィズス菌を増やします。

ポリフェノールなどの吸収を良くするためにも、食前に食べることがおすすめです。

また、カカオ、リンゴ、玉ねぎなどにもポリフェノールが含まれるので、合わせて食べると、より多くのポリフェノールの摂取もでき、栄養バランスも整います。

 

美肌パック

マヌカハニーは美肌パックとして使うと、肌に直接効果が出やすくなります。

  • 顔を少しぬるま湯で濡らしておく
  • ティースプーン1杯くらいのマヌカハニーを顔全体に伸ばす
  • 10分から20分くらい置く
  • ぬるま湯で洗い流す

 

簡単なパックで保湿でき、アミノ酸も補うことができるのでオススメです。

殺菌作用があるので、ニキビの上に集中的にマヌカハニーを置くのも良いでしょう。

殺菌作用のため、肌に刺激が感じられる場合は、無理の無いように使いましょう。

 

コメントを残す