マヌカハニーの効果を最大限に引き出すための4つのポイント

マヌカハニーの効果を引き出す4つのポイント

マヌカハニーは、体に良い効果が多くあります。

ただし、使い方を間違えていると、その効果を発揮できない場合があります。

最大限に効果を引き出すためのポイントについて紹介します。

 

マヌカハニーの効果を引き出す4つのポイント

高温を避ける

マヌカハニーは高温にすると成分が分解される

マヌカハニーを50℃以上の高温にすると、含まれている酵素や成分が分解されてしまいます。

効果を十分に発揮できなくなってしまうのです。

そのため、炒め物やドリンクに入れる際には、気をつける必要があります。

また、マヌカハニー冷蔵庫で保存してしまうと、結晶ができることがあり、これを溶かすのには手間がかかります。

この結晶を溶かすのに、容器ごと50℃以下のお湯で湯煎する必要があります。

マヌカハニーの産地、ニュージーランドは比較的涼しい気候なので、湿気もあまり多くはありません。

そこで生まれ育っているため、極端な暑さや寒さには耐えられないのです。

そういった理由もあり、冷蔵庫で保存しなくてもマヌカハニーの品質に影響はありません。

ただし常温では25℃以下が望ましいです。

 

砂糖の代わりに使う

マヌカハニーは砂糖のかわりに使う

マヌカハニーは砂糖の代わりに使うことができます。

砂糖とマヌカハニーを同じ量で比較的した場合、砂糖よりカロリーは低いのに、甘さが2倍~3倍と言われています。

それはマヌカハニーの糖度は80%もあり、非常に甘いのがわかります。

簡単に言うと、砂糖を大さじ2杯使っていたところを、マヌカハニーであれば大さじ1杯で済みます。

これはダイエット効にも役に立ちます。

砂糖は体内において吸収率が高く、血糖値を急激にあげて、すぐに下げてしまい、体力や気力の低下につながります。

一方、マヌカハニーは高い抗酸化作用、抗菌作用があり、免疫力も高めてくれるので健康維持にもつながるのです。

糖分を摂りすぎると肌のたるみやシワの原因になるとも言われていますが、マヌカハニーには美肌効果もあります。

 

少量の液体にとかす

マヌカハニーは少量の液体に溶かすと良い

マヌカハニーの粘度は高いので、そのまま調味料としては使いづらいものです。

使うときは少量の水、または他の液体に溶かしてから使うと溶け残りがなく、上手に使うことができます。

まんべんなく溶かすことで使う幅を広げることができます。

 

料理の隠し味に使う

マヌカハニーを隠し味として使う

マヌカハニーは料理の隠し味に使うことができます。

  • 肉を柔らかくする
  • 煮物の照りを出す
  • 料理にコクがでる
  • 独特な風味で料理の幅が広がる など

 

マヌカハニーは水分が極端に少ないため、バクテリアが繁殖しにくく、上手に保存することで長く使うことができます。

様々な使い方をすることで、上手にマヌカハニーを摂取しましょう。

 

コメントを残す