なぜマヌカハニーは胃の病気をもたらすピロリ菌を退治できる?

マヌカハニーはピロリ菌を除去できる

マヌカハニーは胃の中のピロリ菌を除去する効果が高いことが知られています。

なぜピロリ菌を除去できるのか、どれほどの効果があるのかについて紹介していきます。

 

ピロリ菌は体にどんな効果をもたらす?

ピロリ菌はどんな影響をもたらす?

日本に、ピロリ菌感染者は6000万人もいると言われています。

ピロリ菌に感染していると、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、萎縮性胃炎などに罹患してしまう率が高くなります。

実に、胃がんの方の80%の人にピロリ菌が存在しているとも言われています。

ピロリ菌感染の主な自覚症状は、以下のように様々な影響をもたらします。

  • 空腹時の胃痛
  • 胃もたれ
  • 食後の腹痛
  • 食欲不振
  • 胸焼け
  • 吐き気 など

 

健康な人でも一度は経験したことのある症状なので、深刻に受け止めない人も多く、わかりづらいという特徴があります。

また、ピロリ菌に感染していても、自覚症状が出ない人の方が多いとの結果もでています。

そのため、長期にわたってピロリ菌を放置してしまい、胃がんなどになって初めてピロリ菌に感染していることに気付く場合もあります。

 

なぜマヌカハニーはピロリ菌を除去できる?

マヌカハニーがなぜピロリ菌を除去できるのか

唯一、マヌカハニーに含まれると言われている、メチルグリオキサールという成分には強い殺菌力があります。

このマヌカハニーの高い殺菌力によって、ピロリ菌などの細菌を除菌してくれます。

さらに、病院での薬による除菌のみの処置は健康保険の適用外であり、胃の病気を発症していないと健康保険が利きません。

もちろん効果は高いですがその分、医療費が高額になる事もあります。

また、ピロリ菌除菌の為の抗生物質摂取による副作用の下痢、味覚異常、肝機能に異常がでることに抵抗がある人もいます。

除菌のために、抗生物質を長期に渡って服用することによって、腸内の善玉菌も除菌してしまい腸内環境のバランスが崩れてしまうこともあります。

その点、マヌカハニーはオリゴ糖、グルコン酸も含まれているのでそれらが餌になって善玉菌の活動をサポートし、腸内環境を改善してくれます。

マヌカハニーは副作用もなく、除菌率も高い天然のお薬と言えます。

 

おすすめの使い方

マヌカハニーでピロリ菌を退治するおすすめの使い方

ピロリ菌の除菌に効果的なマヌカハニーの摂り方は、大さじ1杯分を1日4~5回とると、高い効果が期待できます。

また、食前と就寝前30分から1時間前に摂ることがおすすめです。

食前に摂取した場合、食事までは出来る限り水分を摂ることを控えた方がいいでしょう。

これは、胃の粘膜にマヌカハニーを行き渡らせる為です。

また、就寝前に摂ることも、寝ている間に胃に十分行き渡らせる為には効果的です。

マヌカハニーをすくう時には、できれば金属製のスプーンは使わないようにしましょう。

金属製のスプーンを使うことで、マヌカハニーの中に含まれる、メチルグリオキサールの活性化が金属で弱まってしまう場合があります。

 

コメントを残す