マヌカハニーはどうやって作られる?作り方と生産国について

マヌカハニーの作り方

少しづつ注目されているマヌカハニーですが、普通のはちみつとは何が違うのでしょうか?
マヌカハニーの基礎知識となる、作られ方について紹介します。

 

マヌカハニーの作り方は?

日本では様々なハチミツが生産され、私たちは手軽に買うことができます。

その中でも、少しずつ人気を高めているのが「マヌカハニー」です。

マヌカハニーはとても高級なことで知られていて、一般的なはちみつよりも効果が高く価格も高い傾向にあります。

一般的に知られているハチミツとどこが違うのか、そもそもハチミツはどうやって作られるのでしょうか。

ミツバチは自分たちが必要とする成分を含む花や樹木を探し出し蜜を吸います。
その蜜を巣へ持ち帰り、他のミツバチに口移しで渡します。
それを数回続けていくと、ミツバチの持つ酵素の働きが加わりハチミツが完成するのです。

マヌカハニーの「マヌカ」という言葉は日本では聞きなれません。

マヌカとは、ニュージーランドとオーストラリアの一部でしか自生しない、とても貴重な植物なのです。

マヌカは、ニュージーランドの原住民マオリ族の言語、マオリ語からきています。

昔、マオリ族がマヌカを薬として使ったということから、マヌカには「復活の木、癒しの木」という意味があるそうです。

このマヌカの蜜によってできたはちみつこそが、「マヌカハニー」となります。

その主な効能として、抗菌作用、体内におけるピロリ菌の除去、腸内環境を整える、殺菌作用で傷の治りを早める、ビタミン豊富で美肌効果などがあがられます。

これが一般的なハチミツと大きく違う点です。

花の蜜でもなく、甘味料でもなく、自然の栄養そのものです。

 

マヌカハニーの生産国はどこがいい?

マヌカハニーの生産国

マヌカハニーの生産国といえばニュージーランドが有名ですが、その生産量はほぼ100%を占めています。

なぜ他国ではマヌカハニーは生産できないのでしょうか?

その理由は、マヌカがニュージーランドとオーストラリアにしか自生しないからです。

オーストラリアではハチミツが採れるほど群生しないため、ニュージーランドのみでしか作られない、というわけです。極めて稀少価値の高い植物なんですね。

日本だけでなく、世界に浸透しているマヌカハニーですが、今ではネット販売などで誰でも気軽に買うことができます。

実際、現地に行ってみると、マヌカハニーの瓶詰めや、蜂の巣の一部が入ったもの、スキンケア商品、化粧品、石鹸、シャンプーなど消耗品として加工されています。

 

コメントを残す