不眠症を治すにはマヌカハニー!快眠を促す高い効果について

マヌカハニーは健康に良いさまざまな効果があります。
その一つとしては、不眠症を改善して、深い眠りにつくサポートをする効果があります。

その理由について、詳しく解説していきます。

 

なぜマヌカハニーは快眠を促す?

マヌカハニーはなぜ快眠を促す?
マヌカハニーには、以下の2つの成分が多く含まれています。

この2つの成分の働きによって、深い眠りにつくことができ、不眠症の改善につながります。

  • コリン
  • パントテン酸

 

このコリンという物質は、人の体の中で有効な「アセチルコリン」という物質になる原料となります。

また、マヌカハニーには、コリンからアセチルコリンを作る時の助けとなる物質、パントテン酸も含んでいます。

人間は、活動したり、休んだりする中で、自律神経の交感神経と副交感神経を切り替えて、その二つの活性のバランスを保ちながら生きています。

これらの二つの自律神経のうち、休んでいる時に優勢なのが副交感神経です。

つまり、この副交感神経が活性化されると、リラックスしている状態になります。

アセチルコリンは、副交感神経の活性を刺激する特性を持っている物質です。

アセチルコリンが副交感神経を刺激して優勢になると、人はものすごくリラックスすることができるのです。

そのため、コリンやパントテン酸を含むマヌカハニーを摂取することは、アセチルコリンの生成を促し、リラックスして眠りを誘うことにもつながり、快眠を促すことになります。

さらに、マヌカハニーに含まれるブドウ糖は脳の疲れを素早く解消し、先にあげたパントテン酸はストレスに強い体を作るのに役立ちます。

パントテン酸は、体の中のいろいろな反応過程に影響する物質で、免疫機能を高める働きもあります。

 

おすすめの使い方

マヌカハニーで不眠症を改善するおすすめの使い方
夜寝る前に摂取するのがおすすめですが、直前ではなく、2~3時間前に摂取することがポイントです。

直前に飲んでしまうと、胃腸が休めないため、快眠の妨げになってしまいます。

できればミルクを温めて、その中にマヌカハニー、およそティースプーン1杯分を入れて溶かし、ゆっくりと飲むことをおすすめします。

温かい飲み物を飲むことで血行が良くなり、筋肉もほぐれることで、副交感神経をさらに優位にすることができます。

ミルクのタンパク質とカルシウムには、神経を静める作用があります。

そのため、マヌカハニーに含まれるコリンから作られるアセチルコリンの作用は、温かいミルクと共に飲むことで、さらに高いものになります。

イライラも抑えられ、ゆったりとした気分になることも、気持ちの良い眠りの準備となります。

また、パソコンや携帯の画面を見ないなどの配慮も、良い眠りの助けとなることでしょう。

寝る前に刺激となるようなことを避けることも、快眠には大切なことです。

 

コメントを残す