のどの痛みに困ったらマヌカハニー!効果の高さとおすすめの摂り方

マヌカハニーはのどの痛みを和らげる

マヌカハニーはのどの痛みを和らげる効果があり、注目を集めています。

その効果とおすすめの摂り方について紹介していきます。

 

マヌカハニーはのどの痛みを治す?

マヌカハニーのマヌカの木は、ニュージーランドの先住民に古くから親しまれてきた薬用成分を含む植物です。

のどの痛みを治す食材として、とても高い効果を発揮でき、注目を集めています。

マヌカハニーにも、のどの痛みに有効ないくつかの成分が含まれています。

  • メチルグリオキサール
  • 過酸化水素水
  • グルコン酸
  • 高い濃度の糖分

 

これらは、のどの痛みの元となった、のどの炎症をやわらげるような働きをします。

糖の濃度がとても高いと、菌は生き延びられません。

このことから、高い濃度の糖分は抗菌作用を示します。

過酸化水素水は、オキシドールなどで知られている消毒の成分ですが、人の体の中に入ると、すぐに分解されてしまいます。

しかし、この過酸化水素水に、食物メチルグリオキサールが加わることで、人の体の中でも有効な抗菌作用が表れます。

マヌカハニーは、この二つの成分が入っていることで、人の体の中でも、特別に抗菌作用を表すこととなるのです。

グルコン酸は、腸の中のビフィズス菌を増やすことで、よく知られています。

直接的な働きではありませんが、腸の調子が良くなると、免疫力がアップして、結果的にのどの症状をやわらげます。

また、はちみつには多くのアミノ酸などが含まれるため、保湿効果が見られ、のどのうるおいを与えるのに適した食材です。

 

マヌカハニーのおすすめの使い方

マヌカハニーでのどを治す際のおすすめの摂り方

のどが痛い場合には、ゆっくりとマヌカハニーを舐めるようにしましょう。

のどの炎症部分は、結構、のどの奥の方にあるので、マヌカハニーの成分が届くようにゆっくりと舐めるのです。

ティースプーン1杯ではなく、半分の量を取って、舐めると良いでしょう。

ポイントとしては、口の中に入れたら、少しずつ少しずつ溶かしていくことです。

マヌカハニーが唾液と混ざって、徐々にのどの奥の方へ入っていき、炎症部分に浸透していくのがわかります。

マヌカハニーの中にあるグルコン酸は、ビフィズス菌を増やします。

ヨーグルトと一緒に食べたなら、腸の調子が整うことによって、免疫力がアップして、さらに身体全体の回復にも貢献することでしょう。

注意点としては、マヌカハニーにかかわらず、はちみつは1歳未満の子供に与えてはいけません。

はちみつの中には、ボツリヌス菌が入っているので、病気になってしまう可能性があるためです。

ボツリヌス菌は、熱にも強いので、温めたからといって子供に与えるのは危険なので、避けるようにしましょう。

また、はちみつは糖分が多く入っているため、あまり多く摂取するとカロリーも高くなるので注意しましょう。

 

コメントを残す