口内炎を早く治したい時に役立つマヌカハニー!効果と使い方

マヌカハニーは口内炎を治す

口内炎を治したい時に役立つのがマヌカハニー。
その効果とおすすめの使い方について紹介していきます。

 

口内炎に効くマヌカハニー

マヌカハニーは口内炎に対して、以下の2つの効果が挙げられます。

  • 口内炎を治す
  • 口内炎を予防

 

それぞれについて、詳しく解説していきます。

 

口内炎を治すことができる

口内炎になった時、マヌカハニーはとても役に立つアイテムです。

マヌカハニーには、多くの成分が含まれており、直接的に口内炎の回復を手伝います。

特に、マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールは、強い殺菌作用を持っています。

口腔内のウィルスや細菌の繁殖を抑えることができます。

また、粘膜を保護するうるおいや、粘膜の回復に関するビタミンB群などの栄養補給ができます。

マヌカハニーに含まれる成分で、口内炎に対して処方する効果が表れます。

また、マヌカハニーは自然の中で育まれた成分なので、薬剤と比べて各成分の濃度も低く、口に含んだりしても、体にも安心です。

 

口内炎を予防できる

口内炎の原因は、免疫力の低下、ウィルスの感染、ビタミンB群などの栄養不足、ストレスや疲労、噛んでしまった時の物理的な刺激などが考えられます。

マヌカハニーに含まれる成分は、口内炎の原因に対処できるものが数多くあります。

  • グルコン酸で免疫力アップに効果的
  • 高い糖度と食物メチルグリオキサールでウイルスを殺菌
  • ビタミンB群、アミノ酸などの多くの成分が栄養補給
  • ポリフェノールによる抗酸化作用でストレス緩和
  • 果糖などの素早い糖分補給で疲労回復
  • うるおい効果で粘膜の保護

 

このようなことから、マヌカハニーを摂る習慣をつけることで口内炎を治すとともに、口内炎予防につながります。

 

おすすめの使い方

口内炎に対するマヌカハニーの使い方
基本的な使い方は、ティースプーン1杯のマヌカハニーを毎日食べます。

継続することで、口内炎を治し、その後口内炎ができないように予防することができます。

口内炎ができた場合には、患部に直接塗るという使い方のほか、直接塗ると痛い時は、マヌカハニー水でうがいをする、あるいは、5分くらい口に含めながら飲むようにしてください。

口内炎に直接作用するため、早い段階で効果が表れやすくなります。

マヌカハニーは、万能薬とも思われますが、あくまでも補助的な役割です。

口内炎は体調不良の合図なので、基本はバランスの取れた食事、ストレスの少ない生活、疲れを取るための十分な休息を取ることです。

その上でマヌカハニーを使っていくと、早い回復が見込めることでしょう。

 

コメントを残す