マヌカハニーが持っている虫歯を治す効果・予防する効果について

マヌカハニーと歯の関係

マヌカハニーは虫歯予防できる効果があります。

その理由と効果について、ご紹介していきます。

 

歯に対するマヌカハニーの効果

マヌカハニーは虫歯を予防できる効果がある

虫歯を治す?

虫歯は感染症のひとつで、ミュータンス菌によるものとされています。

ミュータンス菌は、口のなかにある糖分を分解して、歯を溶かす酸をつくります。

そのショ糖(スクロース)が虫歯の原因となります。

マヌカハニーにはリン酸カルシウムが多く含まれ、歯が溶けるのを防ぐ働きがあります。

初期の虫歯の症状であれば緩和することも期待できます。

しかし、酷い虫歯はマヌカハニーでは治すことができないので、歯医者にかかるようにしましょう。

 

虫歯予防効果もある?

マヌカハニーには、メチルグリオキサール(MGO)という成分が含まれており、抗菌・殺菌作用が高いことが特徴の一つです。

MGOは、口のなかにあるミュータンス菌に対して強い殺菌効果があります。

虫歯の原因となるミュータンス菌を除去することで、歯の環境を整えることができます。

また、マヌカハニーには主に、グルコース(ぶどう糖)、フルクトース(果糖)などが多く含まれますが、これはスクロースと違い、ミュータンス菌などの虫歯菌のエサになりにくいとされています。

長期的な歯の虫歯予防としても、効果を発揮します。

さらに、MGOによって様々な菌を除去することができ、口臭予防にも繋がります。

虫歯菌の除去や殺菌には、活性強度の高いストロングマヌカハニーがおすすめです。

UMFやMGOの数値が高いものほど、その効果は期待できます。

ただ、数値が高ければ高いほど、ストロングマヌカハニーの市場価格は高い傾向にあるため、信憑性を見抜きクオリティの高いマヌカハニーを選ぶ必要があります。

 

虫歯予防におすすめの使い方

虫歯予防効果にマヌカハニーを使いたいのであれば、歯磨きをした後に使うことをおすすめします。

マヌカハニーは糖分が多いので歯磨きの前ではないの?と疑問に思うのも無理はありません。

しかし、前述したように、マヌカハニーには強い殺菌・抗菌効果があるので、歯磨きの後でも虫歯になりにくのです。

ここで注意したいのは、歯磨きをきちんとするということです。

食べカスを残さないように、丁寧に磨きましょう。

少しでも残っていると、マヌカハニーの働きは低くなってしまうからです。

歯磨きが終わったら、スプーン1杯のマヌカハニーをゆっくりと口に含み飲み込むという方法もあります。

マヌカハニーに含まれる殺菌・抗菌作用はあまり知られていませんが、その成果は多くの学者により証明されています。

小さい子どもから高齢者まで、年齢問わず使うことができるので、家族の虫歯ゼロのためにも、是非手元に置きたいものです。

 

コメントを残す